アプリ

GoogleChrome リモートデスクトップを使ったPC遠隔操作をしてみた

社長

もしもし〜

ぐに

社長、こんな時間に電話とは、一体何事です?

社長

ちょっとやってもらいたいものがあって…

ぐに

なるほど。ただ、電話越しだと操作できないですね

社長

多分、ぐにさんじゃないと出来ないのよ〜。何か方法なーい?

ぐに

では、私のパソコンから社長のパソコンを遠隔操作できるようにしましょう。

社長

そ、そんなに簡単にできるの?

ぐに

今後もこんなことあるかもしれませんし、やってみましょう。

Chromeリモートデスクトップの機能は遠隔操作

GoogleChromeリモートデスクトップを使った遠隔操作の図Chromeリモートデスクトップを介して操作が可能に

Chromeリモートデスクトップを使うことで、離れた位置にある端末から別の端末を操作できます。

図では操作する側がパソコンになっていますが、Chromeリモートデスクトップさえインストールすれば、タブレットや、スマートフォンでも操作が可能です。

操作される側の設定

Chromeリモートデスクトップをインストール

Chromeリモートデスクトップ インストールページ

Chromeリモートデスクトップ画面右上のボタンを押して、Chromeリモートデスクトップをインストールをしよう

※ 画像では [アプリを起動] になっています
GoogleChromeをインストールしていることが前提条件になります。インストールしていない方は、GoogleChromeをインストールしてください。

アプリ起動時、アカウント情報の受け渡し確認

Googleアカウント情報の受け渡しGoogleアカウント情報の使用を許可しましょう
オフラインアクセス可能許可オフラインアクセスの許可をしましょう。

GoogleChrome上で、Googleアカウントでログインしておきましょう。設定 → ログインから設定できます。

マイパソコン [利用を開始]を選択

利用を開始利用を開始を選択します

ログインできない場合

利用を開始が灰色になっている利用を開始が灰色になっている時や……
ログインしていませんこの表示が出た場合は、もう一度アプリを起動してみましょう

リモート接続を許可する

リモート接続の有効化有効化しなければ他の端末から接続できません

利用規約に同意する

利用規約に同意してインストール利用規約に同意すると自動的にプログラムがダウンロードされます

ダウンロードしたプログラムのインストール

Chromeリモートデスクトップの本体起動すると自動的にインストールが始まるので待っていましょう

PINコードの設定

PINコードの設定PINコードを6桁以上で自由に作成しましょう。

PINコードは暗証番号、パスワードのようなものです。セキュリティ上、長めに設定することをオススメします

Chromeリモートデスクトップ 設定完了

Chromeリモートデスクトップが有効に。Chromeリモートデスクトップ有効化完了。
電源が入っている時のみ接続できます

操作する側の設定

アプリを起動

Chromeリモートデスクトップ最初と同じですが、アプリを起動しましょう

※ GoogleChrome、Chromeリモートデスクトップをインストールしておきましょう。
※ Googleアカウントでログインしておきましょう。

操作したい端末を選択します

操作する端末を選択操作したい端末を選択する

※ 同じアカウント上なら表示されます
※ 他のアカウント(人)と共有する場合はリモートサポートを使います

PINコードを入力

設定したPINコードを入力操作される側で設定したPINコードを入力します

画面表示されます。操作も可能

リモート接続中の画面表示だけでなく、操作も可能です!

リモート接続自体を今後無効にする場合

リモート接続を無効化操作される側の端末で、[リモート接続を無効にする]を押すと、今後はリモート接続できなくなります。

まとめ

社長

自分が操作していないのに、パソコンが動いてるのはちょっと不思議な感覚だわ……

ぐに

その分、セキュリティには気をつけなければなりませんね。

社長

そうよね。電源だけ入れてるって状態は危険ね

ぐに

まぁ、今回は同じアカウント上での操作なので、安全性も高いですね

社長

他の人とも共有できるの?

ぐに

できますよ。その設定方法はまた後日…。

ABOUT ME
ソルティー
ソルティー

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。昔は『ぐに』と呼ばれていました。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってから組織にうまく染まれず、うつ病に。さらにADHDと分かり、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。