Windows10にしないと起こりうるデメリット

Windows10に変えないと何がまずい?起こりうる4つのデメリット

OS Windows10にしないと起こりうるデメリット
The following two tabs change content below.
ソルティー

ソルティー

仕事の依頼はこちら⇒Pasolack

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

昔は『ぐに』と呼ばれていました。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってから組織にうまく染まれず、うつ病に。さらにADHDと分かり、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

この記事の所要時間: 538
社長
Windows10にしようか悩むわ……
ぐに
社長、ハゲますよ
社長
コラ!だったら私の悩みを解決しなさい!
ぐに
またWindows10絡みですか?
社長
そうそう、Windows10しても良いんだけど…
ぐに
けど?
社長
今のままでも問題ないのよね……w
ぐに
じゃあ、変えなかった場合に起こりうるデメリットをまとめましょうか
広告

Windows10にしないと起こりうるデメリット

無料でWindows10が入手できなくなる

Windows10はいつまでも無料ではありません。そのため、入手しないとお金が発生します。

Windows10は

Windows10の値段は17,000くらい
約17,000円

このくらいするようです。

無料期限は2016年7月29日までです。

Microsoftのサポートが延長されなくなる

デメリット?と思ってしまいますが、重要なとこです。

実はWindows7はメインストリームサポートが終了しています。

2015 年 1 月 13 日 (米国時間) には、Windows 7 のメインストリーム サポート期間が終了し、無償サポート、仕様変更、新機能のリクエスト受け入れが終了しました。すでに延長サポート期間に入っています。

出典:Microsoft

つまり、保証もしないし、新しい機能も作りませんと言っているのです。セキュリティ更新だけはしてくれますが、それも2020年1月14日まで。オリンピックよりもちょっと前に終わりを告げます。

Windows10にするまでアップグレード通知が延々と出てくる(笑)

これってデメリットでしょうか?デメリットです!

「Windows10にしませんか?」

毎回毎回聞かれるのははっきり言って邪魔なのです。ストレスにも繋がります。

こういうのがMicrosoftが嫌われる原因だと思うのだけど、これ如何に?

おまけにWindows10の容量を勝手に使われてしまう

通知を消しても問題になるのがWindows10をアップグレードするための容量を勝手に付け加えられてしまう点。

Windows10は約7GB使っています。

ぐに
ちなみにこの通知と、容量の問題で困っている方は、解決できるのでご相談くださいませ

データの抜き取りがカンタンにされてしまう

実はWindows10はPC電源投入直後に使えるツールのほとんどが使用不可にされてしまっています。

例えば、パスワードを検索するツールなどは利用不可になっています。もしかしたら今後改善する可能性はありますが……。

これが修理屋にとっては非常に厄介なのですが、逆にいえばセキュリティが高いということ。

Windows7、8はいろんなツールが使用可能なので、論理的な障害にも対応しやすい分、データの抜き取りがカンタンに行えたりします。

まとめ

社長
ふむふむ…、こう見るとさ
ぐに
分かります?
社長
あんまりするメリットないのね
ぐに
まぁ、サポートの期限が伸びるってことですが……それだけっちゃそれだけですね
社長
そりゃー、誰もリスク冒してやらないわね…
ぐに
ごもっとも。だけど、それが日本人のITリテラシーの低さを外国に露呈してしまうってことにもなるんですな〜
社長
便利と安全は同時に訪れない……うーん

↓Windows10のメリットはこちら!↓

広告