1分でできる!復元を使わずにiPhoneの[その他]の容量を消す方法

iPhone、なんでこんなに容量使ってんの? スマートフォン
The following two tabs change content below.
ソルティー

ソルティー

仕事の依頼はこちら⇒Pasolack
塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。昔は『ぐに』と呼ばれていました。 中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってから組織にうまく染まれず、うつ病に。さらにADHDと分かり、行き着いたのがフリーランスという道でした。 ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。
この記事の所要時間: 56
社長
ちょっとぐにさん
ぐに
はいはい?
社長
iPhoneの容量のその他ってなに?

iPhone 容量 その他

ぐに
これは一時的に保管されたデータや、必要なデータが詰まってるとこですね
社長
やたらと多いのはなんでなの?数GBも使ってるんだけど?
ぐに
実は消えてくれない時もあって、そのまま残っちゃうと手動で消すしかないんですよ
社長
え!…ってかむしろ手動で消せるの!?
ぐに
じゃ、今回はそのやり方をご説明しますね
スポンサーリンク

その他の容量を消すには

その他の容量を消すには一度、端末のリフレッシュをかければOKです。

多くのサイトではiPhone自体の復元をオススメされていますが、その一歩手前のリフレッシュでも十分効果があります

むしろiPhoneの復元を行うと何らかの不具合が出る可能性があります。

「iPhoneの容量を減らすためだけにそんなリスクを負いたくない…」

今回はそんな方のために、リフレッシュのやり方をご説明します。

iPhoneのリフレッシュのやり方

リフレッシュは再起動に近いですが、単なる再起動ではリフレッシュにはなりません。

パソコンにiPhoneを認識させる

重要なのはパソコンにiPhoneを認識させることです。

iPhoneとパソコンをLightningケーブルでつなぎ、iTunesに認識させましょう。

強制的再起動(リフレッシュ)をする

パソコンとiPhoneをつないだ状態で単なる再起動ではなく、強制的に再起動をさせます。

やり方はカンタン。

電源ボタン + ホームボタンを再起動が始まるまで押し続けるだけです。

iPhone リフレッシュ やり方

写真はiPhone5ですが、やり方は全てのiPhoneで共通ですのでご安心を・ω・

その他の容量が減っているか確認

その他の容量を減らすことに成功しました。

ただし、しばらくすると減ったはずの容量が増えてしまうことがあります。

これは[その他]で必要なデータが構築されているからです。
※一応その他と言っても必要だから用意されているワケでして……(笑)全部必要ないワケではありません。

まとめ

社長
意外とカンタンに減らせたのね〜
ぐに
その他のデータを再構築してあげれば良いんですね
社長
それでもダメだったら?
ぐに
まぁ、その時はバックアップしてからリセットすると良いですね
社長
それ手間だしね〜。よーし、じゃ、早速……あっ
ぐに
どうしました?
社長
猫だから電源を押せにゃい……
ぐに
はいはい……私がやりますよ