(違法じゃなく)無理やりプロダクトキーを変更する方法

↓役だったらシェアしていただけると嬉しいです!

システム管理画面
この記事の所要時間: 313

最近、Windows10に変えました。Windows10の使い心地や、インストール方法などは後々紹介するとして……

実は急遽仕事用のパソコンが必要になったので、良い機会だからWindows10にしてしまおうかなって思ったのです。昔のパソコンがVistaだったので、Win7・Win8アップグレード版を使ってそのままアップグレードの波にさらわせようかと(笑)

しかし、問題が起こったのです。このPC、Linux入れたり、初期化したりといろんなOSをまたにかけて(遊んで)きたので、いつの間にかプロダクトキーがすっぽ抜けていました。原因は分かっていませんが。

困ったことにプロダクトキー変更のボタンが見当たらない!困った!ということで、コマンドを使ってプロダクトキーを変更しました。

※問題が起こっても責任はとれませんので、自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

コマンドプロンプトを開く!

すでにWin7→Win8アップグレードの移行はバッチリしてあります。CDさえあればプロダクトキーはなくてもインストールするだけはできます。
※ただし、プロダクトキー無しで使い続けることはできませんよ。30日程度で警告されるようになり、アップデートもされなくなってしまい大変危険です。

検索を開く

Windows7の場合、スタートボタンにある検索を利用しましょう。

検索窓にて「cmd」と打ち込む

左側にコマンドプロンプトと表示されます。※そのままクリックしないでください

管理者として実行を行う

Windows7の場合はコマンドプロンプトを右クリックすれば「管理者として実行」が出ます。

コマンドを操作してプロダクトキーを変更、認証させる!

本来はシステムのプロダクトキーのところにボタンがあり、そこから変更できますが、ボタン自体がない場合もあります。そんな時にこのコマンドからプロダクトキー変更が役に立つのです。早速操作してみましょう。

現在のプロダクトキーを削除する(念のため)

slmgrコマンドを使って、念のためプロダクトキーを削除します。下記のコードを打ち込みます。全て半角です。もちろん、スペースも半角で打ち込みます。

slmgr /upk

新しいプロダクトキーを入力

slmgrコマンドを使って新しいプロダクトキーを入力します。xxxxxになっているところにプロダクトキーの英数字を入れてください。

slmgr /ipk <プロダクトキー>

問題ないプロダクトキーなら登録されるハズです。

プロダクトキーを認証させる!

またもやslmgrコマンドを使って先ほど登録したプロダクトキーを認証させます。

slmgr /ato

問題なければ「製品は正常にライセンス認証されました」の文字が出てきます。

ちなみにslmgrコマンドの全ての操作が知りたい方は

slmgr /?

と入力すれば、操作方法が確認できます。

無事登録完了!システムから確認!

コマンドは普段使わないかもしれませんが、できないことをできるようにするためには必要です。こんなことがもし!必要になってしまったらご参考にどうぞ(‘ω’)

関連商品

パソコンの裏技をまとめた小さい本。小さいので持ち運びもできます。

Excelなど普段使いで役立つ裏技が掲載されています。

The following two tabs change content below.

ぐに

社長の隣Pasolack
“できないをできるに変える” ってことをやってます。ぐにらぼもその一環。 FMラヂオのパーソナリティーやったり、大学でICTの講義したり、いろいろと飛び回ってます(^^) 夢は “学校の先生の負担を軽減して、子供たちと接する時間を増やす取り組みを増やす” こと。
スポンサーリンク

↓役だったらシェアしていただけると嬉しいです!

↓更新情報を取得できます

目安箱

目安箱

ぐにらぼではできないという声を集めています。今の困り事などをお送りすると記事になるかもしれません。

返信が欲しい場合は、お問い合わせ

名前 (ニックネーム可)

メッセージ本文

ぐにらぼメルマガ登録

無料で集客方法が学べる!ぐにらぼメールマガジン

Webライティング・マーケティングのノウハウが学べるコンテンツを、ぐにらぼオススメ記事とともに月一回無料でお届けします。