アドオンを使わずにGmailを「予約自動送信」する方法

↓役だったらシェアしていただけると嬉しいです!

Gmail自動予約送信
この記事の所要時間: 719
社長
いろいろやってるとメール送るのは必ず深夜……
社長
今送ったら迷惑よね〜〜、でも、朝は私も忙しいし……
ぐに
予約して送信しますか?
社長
そうそう…、予約する機能が……ってあるの!?
ぐに
機能がある訳ではないですが、できますよ!
スポンサーリンク

Gmailで予約メール自動送信機能を作ろう!

メールを送る。何気なく送ったりするものですが、朝が早すぎたり、夜が深すぎたり……そんな時間に送ることはちょっと抵抗がある…なんて方も多いでしょう。

メールは時間を気にしなくて良いと言われてますが、受信すれば音が鳴ったり、バイブレーションで振動したりと、まだ寝ている時間帯には非常にウザったいものです。
※そういうのを防止するおやすみモードは相手側の設定です

Outlookなどでは予約自動送信はできますが、使われる機会が多くなった「Gmail」などのフリーメールには予約自動送信機能はありません。

Gmailで予約自動送信機能が欲しい!そんな声を聞いたので書いてみます。

アドオンを使わない理由は?

Google Chromeや、Firefoxではアドオンという付加機能を付けたりすることができます。もちろん、アドオンを使うと比較的簡単に予約自動送信できます。

ただ、これが公共の場所であったり、会社のパソコンではインストール自体がそもそも規制されていて使えないこともあります。

今回の方法はどこでも、パソコンが違ったとしても使うことができます(^^)

予約自動送信の準備:Googleスプレットシートでスクリプトを組む

スクリプト(プログラムみたいなもんです)を組むとかめっちゃ大変そう!とか思うかもしれませんが、大丈夫。コピペするだけです。
※Gmailのアカウント作成は長くなっちゃうから省きます。

何をしたいかというとGoogleスプレットシートにリストを作って、Gmailに下書きしてあるメールをスクリプトを使って時間通りに自動で送信しちゃおうってことです。

Googleスプレットシートにログイン

まずはGoogleスプレッドシートの作成画面に入りましょう。

GoogleスプレッドシートはExcelのような表計算を行うクラウドアプリケーションです。

右下の+マークを押す

Googleスプレッドシートを新規作成するのに右下の+マークを押しましょう。

アミットAGARWALのソースコードをコピーする

アミットAGARWALに行って、背景が黒くなっている面があるので、1〜88行目までコピーしましょう。

中身を理解する必要はありません

Googleスプレットシートにて、スクリプトエディタを選択

Googleスプレッドシートに戻り、スクリプトエディタを開きましょう。

空のプロジェクトを選択

スクリプトはGoogleスプレッドシートとは別に作成することになります。

空のプロジェクトを選択しましょう。

すでに書かれているコードを全部選択して、さきほどのコードを貼り付けましょう

さきほど1〜88行目までコピーした文章をここに貼り付けます。

ファイル→保存を押しましょう

保存を忘れずに行いましょう!

これを忘れると起動しません。

プロジェクト名を入れましょう。

プロジェクト名ってのはGoogleスプレットシートの名前です。何でもOKですし、あとからでも変えられます。

これで準備は完了です。

予約自動送信の実行:Googleスクリプトを利用して、下書きしてあるメールを自動的に送信する

さて、ここからが本番です。実際にメールを作成して、自動送信の設定にしましょう。

Gmailでメールを作成

まずはGmailにログインして、メールを作成しましょう。

メール中身を作成して、✕ボタンを押す

当たり前ですが送信ボタン押しちゃうと送信されちゃいますので気をつけてくださいね。

下書きが出来上がるとこうなります。↓

下書きにして保存してあるって状態が重要です!

Googleスクリプトエディタにて、実行→Initializeを押す

これがスクリプト実行のボタンです。

しかし、最初は承認がいろいろ必要です。

続行を押して、

許可します。

これはスクリプトがメールを使えて、スプレットシートを使えて、自分がパソコンとか開いてなくても勝手に実行することの許可です。

一回許可すれば次の実行の時には聞かれません!

スプレットシートに下書きの内容が反映されます。

下書きは2行目から反映されます。
1行目は何にも入ってないので適当に入れても、入れなくてもOKです。一応左から説明すると…

  • 送信メールID
  • 送信先のアドレス
  • 送信メールの題名
  • メールを送信する時間
  • 送信ステータス(宛先不明、下書きメールがない、送信待ち、送信したなどが分かります)

こんな感じです。決めなきゃいけないのは「メールを送信する時間」です。

2015/01/01 01:00:00
(年/月/日 何時:何分:何秒)

で時間を決めましょう。

ステータスがScheduledになっていれば自動送信待ちです。あとは時間になったら勝手に送信されます(^^)

もしステータス反映がされなかった場合!

どうやらステータスが反映されないこともあるらしいので、そんな時はもう一度スクリプトエディタを開いて、setScheduleを選択しましょう。

送信されると

Deliveredってステータスに変わります。Gmailを見ると実際に下書きメールが送信されていると思います。

まとめ

社長
準備だけが大変なのね〜
ぐに
それさえやっちゃえば後は楽ですよ
社長
でもメール返信をそのまま忘れちゃう私には使いやすいかも……
ぐに
ちなみに同一のGoogleアカウントでしか予約自動送信は使えませんよ
社長
違うアカウントで予約自動送信したい場合はどうするの?
ぐに
その時は準備からまた設定すればOKです!

関連商品

GoogleにはGmail以外にもたくさんの便利ワザがあります。ちゃんと使っていくとたくさんの作業が時短できるかも……。

The following two tabs change content below.

ぐに

社長の隣Pasolack
“できないをできるに変える” ってことをやってます。ぐにらぼもその一環。 FMラヂオのパーソナリティーやったり、大学でICTの講義したり、いろいろと飛び回ってます(^^) 夢は “学校の先生の負担を軽減して、子供たちと接する時間を増やす取り組みを増やす” こと。
スポンサーリンク

↓役だったらシェアしていただけると嬉しいです!

↓更新情報を取得できます

目安箱

目安箱

ぐにらぼではできないという声を集めています。今の困り事などをお送りすると記事になるかもしれません。

返信が欲しい場合は、お問い合わせ

名前 (ニックネーム可)

メッセージ本文

ぐにらぼメルマガ登録

無料で集客方法が学べる!ぐにらぼメールマガジン

Webライティング・マーケティングのノウハウが学べるコンテンツを、ぐにらぼオススメ記事とともに月一回無料でお届けします。