vBiRUANy3sPHLBWG

ゆいことば

茨城の片隅で大学生をしている、アクティブでちょろい根暗の文章置き場です。

ことばあつめ

「茨城は日本のカリフォルニア」

2016/10/23

茨城に来てから、ずっともやもやしていたことがあります。

「なんでこんなに茨城県民が茨城のことを好きじゃないんだろう?」

ということです。

そんなもやもやの時期に出会ったのがこの言葉。

 

「茨城は日本のカリフォルニアだと思う」

 

言ってくれたのは、茨城県のご当地ヒーロー・イバライガーです。

「茨城には海も山もあるじゃん。アメリカの西海岸を見たとき、なんとなく似てるなあと思って。

そういうところに俺は住みたいって思うんだよ」

イイこと言うなあ、イバライガー…!

と感動しました。

 

私のふるさとは王道観光地・沖縄。

たくさんんの観光客から愛されてはいますが、それ以前に、それ以上に、地元民も沖縄のことが大好きです。

だから、はじめは茨城の地元愛の低さに驚いていました。

しかし、それが勘違いだったとわかったできごとがあります。

あまりにも「茨城には何もない」と卑下の言葉を聞きすぎていたので、大学で制作しているフリーペーパーのネタにしようとアンケートを取りました。

しかし、「あなたは茨城が好きですか」という質問の答えは、意外なもので。

200人以上に聞いて、約8割の人が「好き」と回答したのです。

茨城県民、別に茨城のこと嫌いじゃなかったんだな。

相当驚いたのですが、じゃあなぜ口では「何もない」って言っちゃうんだろう。

 

それは、東京との距離によるものじゃないかと思います。

日本の最先端が中途半端に近い。かと言ってベッドタウンになるには遠い。

そうなると、東京に対する劣等感だけが増幅されてしまうのかなと考えました。

実際、「嫌い」と答えた2割の人は、「東京みたいにお店がたくさんない、田舎すぎて不便」といった理由を挙げることが多かったです。

 

「いまは便利に慣れすぎてると思うんだよ。本来の人間の素朴さって、採れた食べ物がすぐ食べれて美味しく感じるとかそういうこと」

 

今年も漏れなく(4年連続)、全国魅力度ランキング最下位を獲得した茨城県ですが。

茨城出身のイバライガーから、茨城を愛するこの言葉が出たことに、少し安心して、ちょっと嬉しかったのを覚えています。

-ことばあつめ
-