vBiRUANy3sPHLBWG

ゆいことば

茨城の片隅で大学生をしている、アクティブでちょろい根暗の文章置き場です。

ことばあつめ

「かわいい女の子ってイライラする」

ラーメン屋で見ず知らずの女子高生が言ってました。

それも、かわいい女子高生が。

 

「かわいい女の子ってイライラする」

 

かわいい女子高生は、「女の子はかわいければかわいいほど正義だ」という価値観を持っていると思い込んでいたので、衝撃的でした。

ほんとにその一言しか聞き取れなかったのですが、淡々としているわりに毒を含んだその口調が忘れられなくて、耳に残っています。

なんでそんなこと言ったのかな…と考えて。

女子高生ほど「かわいい」に振り回される年代ってないよな、と思い至りました。

いや、実際その女子高生が何を意図したのかは見当もつかないので、想像で補完しただけなのですが。

 

 

なんというか、かわいい真っ盛りの時期だからこそ、

「かわいくいたいけれど、かわいくなり過ぎてはいけない」意識があったんじゃないかなあと。

数年前の自分の高校時代を振り返ると、そう感じます。

「かわいい子」と「ぶりっ子」の境目を、注意深く見極めなければいけない時期。と言えばいいでしょうか。

私の場合はそれ以前の問題で、スカートを短くしたり、バレない程度にメイクしたりとかができないダサい子だったのですが。

 

クラスにいた顔がかわいい子たちは、

ちょっと雑な言葉遣いや、変顔や、お互いのいじり・いじられやなんかで、「100%の完璧なかわいさ」からはバランス良く距離を取っていたように思います。意識的にか、無意識的にかはわかりませんが。

おしとやかで優しくて顔もスタイルも良い「かわいいど真ん中」みたいな完璧な子がもし高校の教室にいたとしても、むしろ男子からも女子からも敬遠されてしまったんじゃないか。
私もどう関わっていいかわからなかったと思います。

お嬢様女子校なら違うのかもしれないけれど、普通の公立共学校なら。

 

でもいま、大学にはふつうにいるんですよね。かわいいど真ん中の完璧な女の子。

しかもいじめられたり避けられたりとかもせず、適度に友達もいて。

周りの女の子と、「あの子かわいいよねー」って話をすることもあります。

女子高生のときだったら、確実に「ぶりっ子してんじゃねえよ」って思われてしまいそうなのに。

かわいい子本人も、その周りの私たちも、なんだか「かわいい」を純粋に受け止められるようになった感じがするんです。

 

 

それってただ単に大人になっただけじゃなくて、人との距離が開いたからだと思います。

高校の、同じ教室の中に一年間ずっと一緒にいたら、いやでもいき過ぎたかわいいは鼻につきます。仕草や立ち居振る舞いが目立ちます。

けれど大学に学級はないから、いやなら離れれば良い。離れれば自分に害はないから、無関心でいられます。むだに相手を傷つけようと思うこともありません。

無理に仲良くしなくてもいい、という選択肢があることで、逆に穏やかな関係を保てることだってあります。

「クラスみんなで仲良くしましょう」みたいな標語は破り捨てたらいいのにと思います。

仲良くしてもしなくてもいいよ、って言ってあげた方が、あの女子高生もむだにイライラしなくて済むんじゃないのかな。

 

なんだかんだ言って、かわいい女の子はかわいいし、癒されます。素直にそう思えるいまの方が楽しいです。

-ことばあつめ
-