vBiRUANy3sPHLBWG

ゆいことば

茨城の片隅で大学生をしている、アクティブでちょろい根暗の文章置き場です。

ことばあつめ

「地域の良いところ、悪いところなんてどこも大体一緒」

2016/11/19

先日、「いばらきさとやま未来会議」に行きました。

日立市や北茨城市など、茨城県北部の「さとやま」の魅力をみんなで考えようというイベントです。

その中で、

「地域の良いところ、悪いところなんてどこも大体一緒」

と断言した方がいました。

茨城県出身の、ミヤタユキさんというアーティストです。

地域の魅力を考えようというときにそんなこと言っちゃうんだ⁉︎と衝撃を受けました。

ーーー

以前イバライガーにも、茨城の魅力を教えてもらいはしましたが。

いろんな方に茨城の良さを聞いて回ると、大体挙げられるのが

海、山、食、人のあたたかさ。

でも、それって言ってしまえば、どこの地方にもあるところにはあるんですよね。

確かに自然が豊かだし、大概の人は親切にしてくれはするけど、それって茨城オリジナルの良さって言うには弱いのかもしれない。

他の地方にも目を向けてみると、そんなふうに思ったりもします。

確かに、「地域の良いところ、悪いところなんてどこも大体一緒」なのです。

その言葉に、ミヤタさんはこう続けました。

「その地域をおもしろがる人が何人いるかの違い」

ーーー

ミヤタさんは、東日本大震災を機に東京から帰郷した後、茨城の観光事業の企画に携わることになったのだそうです。

そのお仕事で、「地域にもともとあるものをちょっと変わった視点から見ると、衝撃的なほどおもしろくなった」と言います。

たとえば、常陸太田市のこいのぼり祭りで使われたこいのぼりから、柄を活かしてエコバッグや服をつくったり。

地元のお母さんたちの手作り品を「井戸端アート」として展示したり。

 

工芸品

手づくりの工芸品をホテルの内装に

 

「茨城の良さを発掘することはアートだ!」

といきいきとお話しするミヤタさんは、まさしく茨城をおもしろがっている人でした。

もともと持っている地域の良さをどう活かすか。それは地域をどう「編集」するかとも言えますが、そんなに難しいことではなくて。

むりに差別化して外にアピールしなくても、自分たちがおもしろがっているところを見てもらえれば、外の人にも自然と伝わっていくんじゃないかなと思えました。

ミヤタユキさんの活動

-ことばあつめ
-