SimplicityとAll in One SEO Packの組み合わせでdescriptionが表示できない場合の解決法

↓役だったらシェアしていただけると嬉しいです!

description 確認
この記事の所要時間: 432
社長
ねぇねぇ
ぐに
なんですか、社長
社長
なんか説明文の表示おかしくない?

ぐに
む、本当ですね
社長
ちょっと〜、何かSimplicityの設定間違えてんじゃないの〜?
ぐに
では、設定を見直してみましょうか
スポンサーリンク

description=検索時の説明文

description(ディスクリプション)ってなんじゃ?と思っている方もいるかもしれませんが、descriptionは検索時の説明文のことです。

いわば、サイトに来ていただく前の案内役のようなもの。

ここで手抜きしてたり、表示がおかしくなっていたりすると非常に勿体無いことになってしまいます。

descriptionが表示できない場合に確認する場所

ソース(ウェブサイトのコード情報)を確認してみましょう。

ソース 表示 方法
ソース 表示 方法

GoogleChromeの場合は[表示]→[開発/管理]→[ソースを表示]で表示できます。

ソースを表示したらmeta name=”description”を探してみましょう。

<head>〜</head>の間で何個もあるようだったら設定が間違っています。

Simplicityの設定

このぐにらぼのテーマはSimplicity2を使っています。

適当に設定していると競合してしまい、うまく表示できなくなってしまうので見直してみましょう!

ディスクリプションや、キーワードは設定してしまいそうになりますが、ここに一文字でも記入してしまうとdescriptionや、Keywordというタグが作られてしまいます。

All in One SEO Packを使っている場合、ここは無記入にしておきましょう!

All in One SEO Packの設定

WordPressを使っている方であれば、このAll in One SEO Packにはほとんどの方がお世話になっていると思います。

こちらでディスクリプション、キーワードの設定をできるようにします。

All in One SEOの一般設定を開きましょう。

ホームページ設定を行う

ホームタイトル、ホームディスクリプションの設定を行いましょう。

ホームキーワードはどちらでも構いません。

タイトル設定を行う

タイトルを書き換えるの項目が有効になっているか確認しましょう。

変更できたかチェックする方法

SEOサイトチェキ!を利用しましょう。

URLを入力して、チェックすると現在設定されているタイトルと説明文が表示されます。

もし、意図したものと違う場合は、設定がまだどこか間違っている可能性があります。

基本的にmeta name=”description”が一つになっていれば意図したものが出てくるハズです。

まとめ

社長
お、これで変じゃなくなったみたいね
ぐに
一度作ってからだとこういうミス起こりがちですね
社長
日々進化して、もっと良いものにしていければ問題ないわよ!
ぐに
どうしよう、社長がいつになく頼もしく見える
The following two tabs change content below.

ぐに

社長の隣Pasolack
“できないをできるに変える” ってことをやってます。ぐにらぼもその一環。 FMラヂオのパーソナリティーやったり、大学でICTの講義したり、いろいろと飛び回ってます(^^) 夢は “学校の先生の負担を軽減して、子供たちと接する時間を増やす取り組みを増やす” こと。
スポンサーリンク

↓役だったらシェアしていただけると嬉しいです!

↓更新情報を取得できます

目安箱

目安箱

ぐにらぼではできないという声を集めています。今の困り事などをお送りすると記事になるかもしれません。

返信が欲しい場合は、お問い合わせ

名前 (ニックネーム可)

メッセージ本文

ぐにらぼメルマガ登録

無料で集客方法が学べる!ぐにらぼメールマガジン

Webライティング・マーケティングのノウハウが学べるコンテンツを、ぐにらぼオススメ記事とともに月一回無料でお届けします。