GoogleSearchConsoleのHTMLの改善で重複するメタデータを解消する方法

↓役だったらシェアしていただけると嬉しいです!

GoogleSearchConsoleの重複するメタデータの解消法
この記事の所要時間: 96
社長
GoogleSearchConsoleって見てるんだけどさ〜
ぐに
お、社長にしては難しいもの見てますね
社長
もう!私だって一応見てるのよ!でもね…
ぐに
何か問題でも?
社長
このHTMLの改善って項目でたくさんエラーみたいなのあるんだけど、これは良いの?

ぐに
動作的に問題はないですが、SEO的には良くないですね
社長
えー、これってどうやって解消したら良いの?
ぐに
では、今回はこのメタデータについて改善していきましょう!
スポンサーリンク

メタデータって何?

ウェブサイトのページには必ずメタデータという情報が存在しています。

これはどちらかというとページを見に来た人に向けた情報ではなく、検索エンジン(Google)がこのページの詳細を読み取るのに必要な情報なのです。

例えばメタデータにはこのようなものがあります。

  • ページのタイトル(title)
  • このページの説明(description)
  • キーワード(Keyword)
  • 検索に掲載するか設定(INDEX)
  • リンクをたどるか設定(Follow)
  • 著者情報(author)

まぁ、他にもたくさんあるのですが、この記述をすることによって検索エンジンが「あぁ、このページはこんな情報なのか」と理解しやすくなり、SEOが高まります。

重複するメタデータってどういうこと?

重複するメタデータは、先ほど挙げたメタデータの項目で全く同じ情報が存在していますよってことになります。

重複していても自分のページだったりすることがほとんどで動作的に問題はないのですが、検索エンジンは混乱しがちです。

なるべく情報を統一し、重複がないようにすると良いでしょう。

どうして重複しちゃうの?

重複してしまうのは大体3つのパターンが考えられます。

  1. ページのURLを変更した
    重複しているかどうかはURL単位で見ているため、同じ内容の記事でもURLが違ってメタデータが同じなら重複です。
  2. ページを移転した
    1と同じですが、ページを移転するとURLが変更になるため、重複になります。
  3. ページを複製した
    複製すると、メタデータも対象の場合があります。

重複するメタデータの解消方法

重複するメタデータの解消法はたくさんあります。

その中で自分ができることを一つ一つ実践して解消できるか試してみましょう!

移転先のメタデータを前回とは違うものにする

同じタイトル、同じ説明文のまま移転すると重複するメタデータが起こりやすくなります。

ということであれば、移転先のメタデータを少し変えれば比較的すぐに解消できます。

タイトル、説明文の変更
タイトル、説明文の変更

とりあえず1文字でも違えばOK

移転前の記事を削除する

移転前の記事が残っているからメタデータの重複が起こっている…ということであれば、移転前の記事は削除してみましょう。

移転前のデータは使うことがない場合がほとんどなので、消しておくと重複するメタデータが起こりにくくなります

WP-Optimizeを使って不要なメタデータを削除する[WordPress]

メタデータは実はページを削除しても残っていることがあるようです。その場合は、不要なメタデータを整理する必要があります。しかし、手動ではそんなことやってられません…。

そこで使うのがWP-Optimizeです!

WP-Optimizeはデータベースの整理をしてくれるプラグインです。最近はメタデータの整理も可能になったので、このプラグインを使って整理してみましょう!

インストールはこちらのサイトが分かりやすいです。

WP-Optimize - 溜まったリビジョンの削除とデータベースの最適化を一括でできるWordPress用プラグインです。翻訳ファイルも別途用意されています。

メタデータの削除で公開中の記事のメタデータは消えない?

Clean post meta dataにチェックを入れましょう。

警告が出るかもしれませんが、[OK]を押してクリーンアップしましょう。

ちなみに全部の記事のメタデータが消えちゃうのでは?と思うかもしれませんが、

不要になっているメタデータのみ削除するので、現在公開されている記事のメタデータに変化はないのでご安心を。

HTTP Redirect(リダイレクト)で移転先を教えてあげる

移転しましたよということを検索エンジンに教えてあげるのがリダイレクトです。

リダイレクトは、URLを変更したり、サイトを移転した場合に行いましょう。

この設定を行うことで検索エンジンが「あ、そっちに移動したのね」と理解しやすくなり、SEOも引き継ぐことができます。

同様にメタデータも移転先の設定が有効になります。

WordPressの場合はリダイレクトができるプラグインもあります。こちらの記事をどうぞ。

RedirectionプラグインはあるURLを別のURLへリダイレクトさせる設定ができるプラグインです。ApacheなどのWebサーバを使用している通常のサイトであれば「.htaccess」ファイルを使ってリダイレクトの設定を記述しますが、このプラグインを利用すれば「.htaccess」ファイルを編集する必要がありませ...

サイトマップを登録し直す

Google側でサイトの構成情報が整っていない可能性もあるようです。

この場合は、GoogleSearchConsoleでサイトマップを登録し直すと解消します。

敢えてタイトルと説明文を空欄にする

空欄にしておくと、メタデータを自動で作ってくれるシステムがある場合は、空欄にするのも手です。

特にはてなブログの場合は、この方法で解消できるようです。

メタデータ(descriptions)が重複してしまう問題 みなさん、こんにちは! B-CHANです。 前回は、Googleのウェブマスターツールにおけるタイトルタグの重複の警告について書きました。 はてなブログがますますSEOに強くなる。タイトルタグの重複問題が解消へ。 - 非天マザー by B-CHAN 今回は、重...

WordPressの場合は、All in One SEOのプラグインでメタデータを自動的に挿入できます。

canonical(カノニカル)URLにする

canonical設定とは唯一のURLですよと教えてあげることです。

URLの正規化で非常に重要な役割を果たすのが、canonicalです。URLの正規化を行わないとリンクポピュラリティの分散を招き、SEO対策としてはマイナスです。設定を間違えると検索結果から削除されてしまうなど、慎重な対応が必要なものでもあります正しく使うことでリンクポピュラリティの分散も防ぐことができるので、必ず対応...

canonicalにすることによって一番優先すべきURLが分かりやすくなります。

長い記事の場合、1ページ、2ページ……と分けている方もいらっしゃると思います。このような場合にも有効な設定です。

下記のコードを<head>に一行追加してあげるだけでOKです。

※◯◯◯◯◯はご自身のサイトのドメインを入れてください。

WordPressの場合、All in One SEOプラグインでチェックを入れるだけで設定できます。

注意:重複するメタデータの解消には時間がかかる

重複するメタデータの解消はかなり時間がかかるようです。

これは多分、Google検索エンジンのクローラーが巡回する速度によると思います……。

どうして時間かかるのかというと、現在稼働中のサイトだけでなく、稼働していないほうのインデックスも読み込みに行かなければ解消しないからでしょう。

ちなみに3ヶ月かかって、やっと残り2つというところまで来ました。

いろいろ試しながらだから時間かかっただけかと思いますが、それでも1ヶ月くらいはかかると思うので、早めに実践して解消に乗り出しましょう。

まとめ:メタデータの重複が積もる前に早めに解消しよう!

社長
ひゃー、いろいろできることあるのね
ぐに
そうですね。ただ、サイトによって違うと思いますので、自分に合うところを参考にしていただければ
社長
これ溜まると大変そうね…
ぐに
原因が複雑に絡み合う前に解消するのが一番ですね!

関連商品

今ではGoogle Search Consoleと名前が変わりましたが、使い方はほぼ同じです。

サイトを改善する情報が詰まっているGoogle Search Consoleを使いこなすことがサイト流入への近道でしょう!

The following two tabs change content below.

ぐに

社長の隣Pasolack
“できないをできるに変える” ってことをやってます。ぐにらぼもその一環。 FMラヂオのパーソナリティーやったり、大学でICTの講義したり、いろいろと飛び回ってます(^^) 夢は “学校の先生の負担を軽減して、子供たちと接する時間を増やす取り組みを増やす” こと。
スポンサーリンク

↓役だったらシェアしていただけると嬉しいです!

↓更新情報を取得できます

目安箱

目安箱

ぐにらぼではできないという声を集めています。今の困り事などをお送りすると記事になるかもしれません。

返信が欲しい場合は、お問い合わせ

名前 (ニックネーム可)

メッセージ本文

ぐにらぼメルマガ登録

無料で集客方法が学べる!ぐにらぼメールマガジン

Webライティング・マーケティングのノウハウが学べるコンテンツを、ぐにらぼオススメ記事とともに月一回無料でお届けします。